コメモ。

日記。メモ。備忘録。

デジカメ

さよなら、OM-D E-M1

ちょっと前にOM-D E-M1 mark IIを購入したことをちらっと書いたかと思うのですが、それ以降まったく使っていなかった先代E-M1を売却しました。発売してからの4年間、あらゆる取材に力を発揮してくれた名機でした。お世話になりました。当初は予備機として併…

オリンパス 12-100mm F4 IS PRO レビュー - パーフェクトな性能! 取材用レンズとしての一つのゴール

各所で絶賛されているオリンパスのPROレンズ、12-100mm F4 IS PROを、OM-D E-M1 markIIと共に購入し、数ヶ月使用しました。用途は主に取材仕事です。すでに発表された当初にオリンパスプラザで触ってみて、「これはすごい」と思ったものですが、実際に使って…

欲しいのはズームレンズでも単焦点レンズでもなく……

※画像と記事は一切関係ありません。カメラの話なのですが、最近「ズームレンズいらなくない?」と思うんですよね。そんなことを言うと、「やっぱ単焦点だよね!」という話になりそうなのですが、実はそういうわけでもないのです。どういうことかというと、自…

デザインがかっこいいデジカメランキング2017

デジカメはファッション!ということで、けっこう前に作った「デザインがかっこいいデジカメランキング」を2017年バージョンに更新したいと思います。cafewriter.hatenablog.comあれからけっこういろいろな製品が出てますし、もう買えないやつは外さないとい…

2016-2017年末年始にカメラ機材を処分した話

なんやかんやとバタバタしていたらずいぶん間が空いてしまったのですが、元気にやってます。さて、年末は断捨離すっぺと思いたち、前から手放そうと思っていた機材をキタムラで売却してきました。他にも探せばもっと高く買い取ってくれるお店があったかもし…

オリンパス12-100mm F4.0 PROの写りをZD 12-60mm F2.8-4.0と比べてみた。これは神レンズなのでは

ふだん、取材ではオリンパスのOM-D E-M1というカメラを使っています。レンズは1本で済ませたいならパナソニックの14-140mmですが、望遠端のF値が5.6と暗く、広角側が14mmスタートなのも不満でした。取材におけるクリティカルな焦点距離は24-120mm(35mm換算…

カシオのEX-ZR4000は小型センサーのメリットを生かした最強の旅カメラになりそう

1年弱前に「イメージセンサー大型化が進むカメラ業界でのペンタックスQの存在意義」という記事を書きました。cafewriter.hatenablog.comその中で、1/1.7型センサーを搭載するミラーレスとしての意義は超広角にあるということを書いたのですが、まさにそんな…

「EOS 5D Mark IV」発表に「高すぎる」の声。裏では「5D Mark III」の値上がりも。

キヤノンからフルサイズ一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」が発表されました。発売日は9月8日。前モデルから4年半、待望のリニューアルとなります。注目ポイントは、画素数:2230万画素→3040万画素 コマ数:秒6コマ→秒7コマ 動画:4K搭載(30p) 画像処理エン…

オリンパスの標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mmF3.5-6.3 EZ」が75%オフ13,500円の処分価格に!

オリンパスの標準ズームレンズ、M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mmF3.5-6.3 EZ が暴落といっていいほど価格を下げています。なんとAmazonで13,500円。定価50,000円以上するので、75%ほど値下がりしている計算です。もともとこのレンズはカメラのキットで売られるこ…

収納力に優れたリュック型のカメラバッグ、ロープロのフリップサイド500AWを購入。実際に使ってみたレビュー

カメラバッグ買いました。ロープロのフリップサイドの500AWというわりと大型のリュックです。購入店はビックカメラ。買った理由は機動力と収納力の両方が必要になったからです。一瞬、マンフロットと迷いましたが、収納力的にフリップサイド一択できた。最近…

取材で使うミラーレスカメラやコンデジを選ぶとき、見落としがちだけど大事なポイント

取材の現場では専業カメラマンはやはり一眼レフを使っていますが、記者・ライターなどはミラーレスやコンデジを使っているというケースが増えています。最近のミラーレスやコンデジは記録用としては十分な性能を持っていますし、画質に関しては一眼レフと同…

日本での発売もありえる? 海外スマホメーカーからマイクロフォーサーズの新型カメラ「BF1」登場

ちょっとおもしろいカメラが発売されるようです。中国のスマホメーカー「Meitu」が開発した「BF1」は、マイクロフォーサーズマウントを採用したミラーレスカメラ。アスキーに展示ブースのレポートが載っていますね。ascii.jpおもしろいと書きましたが、これ…

【2016夏】夏休みの旅行におすすめのデジカメを選びました

毎年似たような記事を書いていますが、今年も夏休みが近いということで旅行におすすめのデジカメを選んでみます。デジカメ選びで毎回悩ましいのが、やはりスマホの存在。多くの人は「旅行だから」という理由でデジカメを買おうとしますが、ぶっちゃけ最近の…

画質がよくてポケットに入るコンデジを探したら3種類しかなかった

デジカメマニアとしての最近のマイブームは「ポケットに入ること」です。前にもちらっと書きましたが、特殊な用途を除いてデジカメは完全にスマホに置き換わっています。デジカメの利点といえは「画質がいい」とか「ズームできる」とか微妙なものばかりで、…

AmazonでニコンCOOLPIX Aが半額以下に! 激安でAPS-Cの写りを手に入れるチャンス

COOLPIX Aというカメラがあります。ニコンから2013年3月21日に発売されたカメラで、薄型のコンパクトカメラながら一眼レフと同じAPS-Cのセンサーを搭載し、ポケットサイズの実力派として話題になりました。しかし、売行きはいまいちで今に至るまで後継機が出…

もし僕が新人ライターだったら最低限買うカメラ機材と、身に付けるテクニックについて

自分の本業はライターなのですが、今どきのライターは最低限の撮影ができないと仕事になりません。いや、仕事にならないは言いすぎですが、撮影が一切NGだと確実に仕事が減るのでもったいないです。ということで今回は、2016年5月現在、もし僕が新人ライター…

超会議でコスプレイヤー撮影してきた - 機材や撮影の進め方の覚書

4月29日30日の2日間、ニコニコ超会議でコスプレイヤーさんの撮影のお仕事をしてきました。コスプレイヤー撮影は初めてではないのですが、ああいったイベントで大量に撮る仕事は初めて。いろいろ学ぶことが多かったです。気づいたことなどをメモしておきます…

パナソニックの新型カメラ「GX7 MK2」開発の裏事情

パナソニックが5月18日に発売するミラーレス一眼「GX7 MK2」の背景にある事情がちょっと面白いので書き残しておこうと思います。何が面白いのかというと、その名前。「GX7 MK2」MK2は「Mark2」のこと。マーク2、つまり「GX7」の2世代目ということになります…

何となくいい感じに桜を撮る3つの小技

今さらかよという感じですが、まだ桜は散ってないし、今週末がお花見という人もいると思うので、何となくいい感じに桜を撮る小技を3つほど紹介しておきます。スマホでは難しいものもありますが、本格的な一眼レフとかじゃなくてもぜんぜんOKです。といっても…

今ほしいガチ撮影用のカメラバッグ - 大きさ・重量・収納力で選ぶ

カメラ沼には何種類かあって、有名なのはレンズ沼ですが、僕が今つかりかけているのはバッグ沼です。もう何種類も持っているんだけど、撮影スタイルが変われば適切なバッグも変わり、マジで終わりがない無限地獄。理想的なバッグが一つあればいいなんていう…

「LUMIX DMC-TX1」VS「STYLUS 1s」 - 取材用ベストコンデジを探す旅

取材では対象やカバンの大きさに応じて複数のカメラを使い分けています。中でも最小のカメラとして愛用しているのがオリンパス「STYLUS 1」で、以前にレビューした通り、かなり気に入っています。cafewriter.hatenablog.com ※実際持っているのは前モデルのST…

囲碁のプロ棋士を破ったAIは、デジカメの世界も変えるかもしれない。

ついに囲碁のトッププロがAIに敗れたということで話題になっているようです。これを書いている時点でプロ棋士のイ・セドルが2敗しており、このままいくと全敗も大いにありうるようです。どんな対局が繰り広げられたのかという経緯はあんちべ!さんが丁寧に解…

【2016春】本気でおすすめできる高コスパデジカメ紹介します

春はデジカメがもっとも売れるシーズンです。卒業旅行、入学式、お花見などなど「カメラ買おっかな」と思うイベントが目白押しで、多くの人が家電量販店のカメラ売り場に群がります。しかし、量販店で買うのが正解とは限りません。量販店にはシリーズごとの…

Nikon 1 S2の値段下がりすぎ! 1インチコンデジの値段が高いと感じる人はこっちでいいと思う

前回の記事でNikon 1の今後を心配したばかりで何なんですが、調べてたらNikon 1のエントリーモデルである「Nikon 1 S2」が爆安になってるんですよね。スーパーでいったら20時の半額処分通り越してバイトの大学生が一人暮らしの部屋に持って帰る頃合いくらい…

Nikon 1よ、どこへ行く - 1インチコンデジ戦国時代でどう価値を示せるか

デジカメinfoにニコンの新コンデジシリーズ「Nikon DL」の情報がリークされました。digicame-info.com まだ確定ではないのですが、過去の例から見てほぼ間違いなく発表されるものと思われます。スペックは下記の通り。 Nikon DL24-85 センサー: 1インチ BSI…

【レビュー】ニコン「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」各焦点距離の描写をテストしてみた

今回レビューするのはニコンの高倍率ズームレンズ「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」です。2010年発売でフルサイズ対応。スペックのわりに800gと軽量ながら、一本で広角から望遠までカバーできる究極の便利ズームで、僕が仕事で一番お世話になってい…

富士フイルムの「XQ2」がそろそろ底値に - ひょっとして最後の「高画質でコンパクトで安価」なコンデジになる?

価格をチェックしているコンデジの一つ、富士フイルムの「XQ2」がそろそろ底値になっているようです。現在、価格コムで25,000円ちょっと、Amazonで27,000円ちょっとといったところ。なぜ底値だと判断したかというと、前モデルであるXQ1も25,000円くらいが底…

僕がOM-D E-M1のISO感度上限を4000に設定する理由

普段、オリンパスのOM-D E-M1を取材などで使っています。最近のアップデートで静音シャッターが追加され、さらに隙のないカメラになりました。はっきり言ってスポーツなど動体の取材以外はこれで十分に間に合います。さて、そんなE-M1ですが、ストロボを使う…

【レビュー】「AF-S 24-120mm f/4G ED VR」は歪曲が目立つものの開放から十分に使える優秀なズームレンズ。気になる85mm周辺も特に問題なし!

ニコンの5倍ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」をレビューします。2010年発売で、ナノクリ、手ぶれ補正、5倍ズームと三拍子そろった標準ズームレンズ。広角から中望遠まで一本でカバーし、全域でF4となかなかの明るさです。フードをつけるとこ…

ニコンがレンズやスピードライトを3月から値上げ。今買うべきレンズは?

ニコンが3月からレンズやスピードライトを値上げすると発表しました。原材料価格の上昇が原因ということですが……いや、もう仕方ないですね、何を言っても上がるのは決定ですし。その値上げ幅ですが、これはものによって違うみたいです。大きく上がるレンズも…