読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コメモ。

日記。メモ。備忘録。

アディダスのランニングシューズ「ウルトラブースト」が普段使いに最高

f:id:cafewriter:20150414222457j:plain

アディダスのランニングシューズ「ultra boost(ウルトラブースト)」を購入しました。

実は仕事で目にする機会がありまして、そのときの印象があまりにも良すぎたもので、我慢できず自分でも買ってしまったというわけ。うう、メーカーの思うつぼやないか!

しかし、これ、めちゃくちゃいいんですよ……。



f:id:cafewriter:20150414222457j:plain

こいつのすごいところは二つあって、ひとつはランニングシューズとしての機能性。細かいことは公式サイトなどを見ていただけるとわかるのですが、マジで足が軽くなったかのような感覚が得られます。他のランニングシューズにあまり詳しくないので、普通の靴との比較になりますが、これを一度履いてしまうと他の靴は重く感じてしまうんじゃないでしょうか。

f:id:cafewriter:20150414223011j:plain

その秘密はブーストフォームという素材。一見すると発泡スチロールみたいですが、もちろん違います。高いクッション性と耐久性を持つ素材で、これが100%使われているそうです。

さらに、ブーストフォームと接地面の間にあるアウトソールもポイント。穴の大きさが一つひとつ違うのがわかりますよね? これ、クッション性が必要なところは目を粗く、安定性が必要なところは目を細かくしているのだそうです。

とまぁ、そんな説明はさておき、実際走った感触ですが、なんといいますか……足の前後が別々に稼働する感覚なんですよね。ちょっとうまく伝えにくいのですが、着地と蹴り出しにそれぞれ無理なく力を割り振ってくれているという感じ。足の前半分と後ろ半分で、別の靴を履いているかのような不思議な感覚があります。

公式のキャッチコピーは「走りたいが、止まらない」というもので、「走りたい」にカギカッコとか付けた方がいいんじゃないかなとか思ったりしないでもないですが、それはともかく、たしかに走りだすと自然に前に向かって地面を蹴ってしまう感覚が味わえます。今まで買ってきたランニングシューズの中でも、これはダントツに良いと断言できます。

ただ、その分、お値段も2万円オーバーと割りとするのがネックといえばネック……。

もしランニング用途オンリーなら僕も買わなかったかもしれませんが、もうひとつ、気に入ったところがありまして、

f:id:cafewriter:20150414224445j:plain

見た目がかっこいい!

……いや、これは個人の好みなんですが、いわゆるランニングシューズらしくないというか、シンプルで普段使いもできそうなんですよね。カジュアルなスタイルならわりと服装を選ばず使えると思います。

なんだ、ランニングシューズもやればできんじゃん!

これなら、少々高くてもいいかなと思って買ってしまったのです。けっこう仕事で一日動きまわったり、重い荷物を抱えて移動したりしますからね……靴はしっかりしたものを履きたい。楽に動きたい。でも見た目も大事。そういうところをいい感じに押さえてくれる靴が今のところ少ないんですよね。弱点といえば防水じゃないことくらいでしょうか。

他に注意点としては、日本人の甲高幅広の足だとサイズの調整にけっこう苦労するかもってところ。すでにアディダスのシューズに慣れている人ならそれでいいと思うのですが、そうじゃないならショップで実際に履いてみることをオススメします。ランニングがメインならジャストサイズ、普段使いなら少し大きめを選ぶと良さそうです。アディダスの公式サイトのレビューでも「普段より0.5mm大きめを選ぶべし」という意見が多いです。

実際、僕はこいつの左右にあるカバーが足に微妙に当たる感覚が気になって、何度もサイズ調整をやり直しましたが。

ともあれ、アディダスのウルトラブースト、オススメです。

adidas.jp