読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コメモ。

日記。メモ。備忘録。

スマホのカメラに満足できなくなった人向け。3万円以下で画質の良いコンデジを買うならオススメはこれ。

Nikon デジタルカメラ P340 開放F値1.8 1200万画素 ブラック P340BK

このブログでは定期的にお買い得なデジカメを紹介しているのですが、カメラマニアのサガとして、つい高級な機種を紹介してしまうんですよね。

「最低5万円は予算ないと」

くらいのことは平気で思ってますからね、カメラ好きって。他のことにはケチるくせに。

しかし、先日「一般的に、5万円は高いと思う」という意見をちょうだいしまして、その方が言うには上限3万円がひとつの基準だろう、と。

3万……3万か……。

わかりました! そういうことなら3万円以下で買えて、しかも画質も使い勝手も良いオススメのデジカメを紹介しましょう!



ずばり、ニコンのP340と、富士フイルムのXF1です!

FUJIFILM デジタルカメラ XF1  光学4倍 ブラック F FX-XF1B

FUJIFILM デジタルカメラ XF1 光学4倍 ブラック F FX-XF1B

なぜこの2機種なのかというと、ちょっとマニアックな話になりますが、ニコンが1/1.7型センサー、富士フイルムが2/3型センサーいう部品を搭載しているから。

センサーはデジカメの画質を決定づける最重要要素でして、3万円以下の安物コンデジはだいたい1/2.3型という、スマホとそう変わらないレベルの小型センサーを搭載しているんですね。

1/1.7型センサーはそれよりも一回り大きなサイズで、2/3型はそれよりもさらにもうちょっとだけ大きなサイズ。これならスマホと比較してもはっきりわかるほど画質が向上します。

しかし、画質が良いだけに、1/1.7型以上のセンサーを搭載した機種はどれもこれもそれなりのお値段してしまうのが現状。

おまけに、1/1.7型センサー搭載機は最近、スマホに押されてかなり新製品が出にくくなっています

↑で紹介したニコンのP340と富士フイルムのXF1も、初値こそ5万〜6万円の高級ラインだったものの、現在はそれぞれ2万円前後と、性能から考えるとありえないくらい価格が下がっているのです。

ちなみに、どちらももう量販店にはほとんど在庫がない状態で、すでに売り場からも姿を消しています(自分で調査済み)。Amazonをはじめとするネットではまだ販売しているので、買うならそちらでしょう。ただし、実店舗でも在庫が余っている場合は処分価格で出ている可能性もあります。ネットよりも安い価格で出会ったらラッキーなので、確保しましょう。

両機種のスペックは似通っています。レンズは一般的に使用頻度の高い広角から4〜5倍の望遠までをカバーしており、必要十分。ただし、多少異なるところがあります。

まず、XF1よりもP340の方が液晶ディスプレイの解像度が高いです。XF1は2012年発売なので、さすがに今見ると若干解像度が低く、スマホの綺麗な画面を見慣れていると気になるかもしれません。一方のP340は新しいだけあって解像度の高い見栄えの良い液晶ディスプレイです。

コンデジは液晶ディスプレイを見ながら撮影することになるので、この違いはわりと大きいかと。

それから、起動方法がXF1は独特です。レンズをつまんで回転させて引っ張り出す、という操作が必要になり、レンズを引っ張り出すことで電源オンになります。もちろん、これはあえてやっているわけですが、ボタンひとつで起動できる従来型のP340に比べると、少しだけ手間はかかります。もちろん、むしろ、この儀式を楽しめるという人なら問題ありません。

トータルで考えると、XF1はややクセがあるので、P340の方がオススメかなと思います。でもデザインはXF1の方がいいと思いますが。

FUJIFILM デジタルカメラ XF1  光学4倍 ブラック F FX-XF1B

FUJIFILM デジタルカメラ XF1 光学4倍 ブラック F FX-XF1B