読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コメモ。

日記。メモ。備忘録。

【CP+2015】オリンパスの新型ミラーレス「OM-D E-M5 Mark II」の40Mハイレゾショットを通常画像と比較してみた

CP+に行ってきました!

個人的に注目していたのが、オリンパスの新型ミラーレス「OM-D E-M5 Mark II」。上位機種のE-M1を一部超えるほどの性能を備えており、オリンパスの最新技術が凝縮されていると感じました。以下、印象を箇条書きで。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディー ブラック E-M5 MarkIIBody BLK


  • 質感は前モデルから変わっていて、ややマットな雰囲気に。好みは分かれそうですが、こちらの方が個人的には上質だと感じます。プラスチック感がなくなり、高級感が増しています。
  • 操作系はE-M5からE-M1系に変更されています。2×2ダイヤルも搭載され、ボタンが増えてカスタムがより細かくできるように。E-M1とE-M5を2台持ちしたときの不満点が、操作系の違いだったので、Mark IIからは違和感なく2台持ちできそう。
  • EVF(電子ビューファインダー)はE-M1と同等で、非常に見やすく高精細。相変わらず現時点でナンバーワンのクオリティであることは間違いありません。X-T1やα7、GH4もがんばっているけど、見え方の自然さという点ではE-M1とE-M5 Mark IIのEVFが頭ひとつ抜けていると思います。
  • バリアングル液晶は動かしやすく、剛性も高そうで一安心。チルトでも良かったのですが、バリアングル液晶の方がデザイン的にもスマートですし、便利です。
  • 少し気になったのは、2×2ダイヤルがやや硬いのと、バリアングル液晶との位置関係から少し切り替えにくいと感じたこと。それから、SDカードの挿入もやや硬くて、グッと力を入れて押し込まないと入らず、違和感を覚えました。慣れの問題だとは思いますが、これまでの機種からモデルチェンジすると最初は「あれっ?」って思うかも。

f:id:cafewriter:20150213003323j:plain

f:id:cafewriter:20150213003650j:plain

f:id:cafewriter:20150213003838j:plain

f:id:cafewriter:20150213003426j:plain

f:id:cafewriter:20150213003519j:plain

f:id:cafewriter:20150213003620j:plain

40Mハイレゾショットを試してみた

気になっていたのが、約1600万画素のセンサーで4000万画素の写真を生成するという40Mハイレゾショット。

撮影するのに1〜2秒かかるため、動くものにはまったく使えないという弱点があるみたいですが、逆に室内の静物撮影などにはかなりの実力を発揮してくれそうです。スタジオで物撮りなどをする仕事ならかなり使えるのでは。

ということで、通常撮影と40Mハイレゾショットで、どれくらい精細感が変わるものなのか、CP+の試写ブースで撮り比べてみました。

レンズは新型の14-150mm F4-5.6です。高倍率ズームレンズなので、描写力はそれなり。また、会場が思ったより暗かったので、ISO感度を1600まで上げています。本当は低感度で比較したかったのですが、高感度での比較も面白そう。

f:id:cafewriter:20150213004322j:plain

まずこれが通常撮影。

で、

f:id:cafewriter:20150213005129j:plain

これがハイレゾショット。

……このサイズだとぜんぜんわかりませんよね。

なので、サイズをそろえた上で100%拡大表示して比べてみましょう。

f:id:cafewriter:20150213005429j:plain

花のしべのアップ。ハイレゾショットの方が明らかに精細でパキッと写っています。逆にいうと、これくらいまで拡大してやっとわかる違いということですが……。

f:id:cafewriter:20150213005513j:plain

もう一丁。葉のアップ。こっちは明らかに違いますね。ハイレゾショットの精細さがわかると思います。

普通に鑑賞するだけなら1600万画素でも十分でしょうけど、4000万画素あると、かなり大きく引き伸ばしても精細さが失われません。

今のところ使い道が限定された機能であり、だからこそオリンパスもE-M5 Mark IIでハイレゾショットをあまり大きく打ち出していないのだと思いますが、今後これが手持ちである程度の動きものに対応できるようになったら、そのときはまたデジカメの歴史が変わりそうな気がします。

OM-D E-M5 Mark IIは、名機だった前モデルから順当に進化しつつ、デザイン、機能、革新性のすべてが高いレベルでまとまった隙のないカメラに仕上がっていると思いました。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディー ブラック E-M5 MarkIIBody BLK

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディー ブラック E-M5 MarkIIBody BLK

精悍なブラック。ボディのみでも販売。買い替え組はこれかな。

クラシカルなシルバー。シルバーの質感も前モデルから向上していて好感触。防塵防滴になった14-150mm F4-5.6とのキットがお得。個人的にはこのレンズは絶対に買うつもり。