読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コメモ。

日記。メモ。備忘録。

オリンパスの外付けフラッシュ「FL-600R」に合うように市販のディフューザーを改良しました

デジカメ デジカメアクセサリ

f:id:cafewriter:20150104204548j:plain

OM-D E-M1用に、外付けのフラッシュ「FL-600R」を購入しました。これまでは昔、フォーサーズ用に購入した「FL-50R」を使っていたのですが、E-M1にはちょっと仰々しいのと、光量的にオーバースペックだったのです。あと、「FL-600R」はチャージも速いと聞いたので。

 

f:id:cafewriter:20150104205226j:plain

E-M1に合うコンパクトなフラッシュなので、箱も小さめ。

f:id:cafewriter:20150104205415j:plain

フラッシュ本体とスタンド。あとは簡単な説明書が同梱されています。

これだと大きさが伝わりにくいかもしれませんが、

f:id:cafewriter:20150104205525j:plain

これくらいの大きさ。とてもコンパクトで鞄にも忍ばせておけます。ガイドナンバーも36(ISO100時点)と十分です。

で、購入したはいいのですが、困ったことにこのFL-600Rにはぴったり合うディフューザーがないんですよね。サードパーティ製がないのはマイナーなオリンパスのフラッシュということで仕方ないのですが、せめて純正でつけてほしかったです。

ということで、別のストロボ用の市販品を改良してみることにしました。

f:id:cafewriter:20150104210122j:plain

今回購入したのはETSUMIのE-6191。もとはニコンのSB-600用みたいです。

f:id:cafewriter:20150104210435j:plain

一見、サイズが合っているようですが、

f:id:cafewriter:20150104210506j:plain

実はけっこうな隙間が空いていて、そのままだところんっと外れてしまいます。

f:id:cafewriter:20150104210630j:plain

そこで隙間を埋めるべく、家具のすべり止めなどで使うフェルトを用意。サイズ感がわからなかったので、0.8mm、2mm、2.5mmの3種類を組み合わせてみることに。

f:id:cafewriter:20150104211508j:plain

いろいろ試した結果、まず2.5mmのフェルトを、

f:id:cafewriter:20150104211542j:plain

こんな風に貼り付けます。

で、ここからは好みですが、もう少ししっかり締めたかったので、

f:id:cafewriter:20150104211618j:plain

逆側に0.8mmを貼り付け。

f:id:cafewriter:20150104211712j:plain

ただし、このままだと発光部にフェルトがかぶってしまうので……。

f:id:cafewriter:20150104211824j:plain

半分にカット。

f:id:cafewriter:20150104211901j:plain

これで完成! 思った以上にぴったりで脱着も楽でした。簡易的なディフューザーなので、大きな効果は期待できませんが、コンパクトなのでつけっぱなしで使えそうです。

しばらくこれで運用してみようと思います。