読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コメモ。

日記。メモ。備忘録。

OM-D E-M1で花火撮影! スマホを使ったリモート撮影で手軽に花火を撮る方法

f:id:cafewriter:20140731131330j:plain

隅田川花火大会を撮影してきました。使用したカメラはOLYMPUSのOM-D E-M1です。観覧場所としてはかなり恵まれていたのですが、花火が横に並ばなかったので、コンポジット合成したときにちょっと寂しい感じにはなってしまいました。それはさておき、E-M1のリモート撮影が予想以上に便利でした。

 

当日の装備

OLYMPUSのOM-D E-M1に、レンズはパナソニックのLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8をチョイス。会場までかなり離れていたので、あと1本望遠レンズを持っていくべきでしたが……。

そして、三脚はマンフロットのミニ三脚「PIXI」

あちこちで絶賛されていますが、たしかにこれは超絶便利です。コンパクトなので楽に収納して持ち運べるし、質感や剛性もかなり高い。E-M1はそれなりに大きなミラーレス一眼ですが、安心して固定できます。

で、三脚にE-M1をセットして角度を固定し、画角を決定。フォーカスを遠景に合わせたらOK。

スマホからリモート操作

f:id:cafewriter:20140731123353j:plain

E-M1からスマートフォン接続を選び、その状態でスマホ(今回はiPhone)を「E-M1」から始まるWi-Fiに接続します。

f:id:cafewriter:20140731123622j:plain

スマホからアプリ「OLYMPUS Image share」を起動して、「リモコン ライブビュー」を選択します。

OLYMPUS Image Share

OLYMPUS Image Share

  • Olympus Imaging Corp.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

f:id:cafewriter:20140731123715j:plain

E-M1は、ほぼすべての操作をリモート操作でスマホから行えます。今回はマニュアルモードでISO感度を200、F8.0、ホワイトバランスを蛍光灯、シャッター速度はライブバブルに設定、あとは花火が打ち上がったらシャッターボタンを押しっぱなしにし、適当なところで(だいたい5~10秒とか)で離せばOKです。

これで花火の軌跡が撮れるので、あとは帰宅後にRAW現像とコンポジット合成を行って仕上げ。

今回は場所の関係で花火が同じところに固まってしまったのですが、本当に撮影に専念するなら、打ち上げ場所の川に平行になるような場所を確保し、広角レンズを使って煽るように撮るといい感じになると思います。

大型の三脚を立てる場所を確保できるならそれでもいいのですが、あまり目立たず人の邪魔にもならないよう撮影するなら、ミラーレス+ミニ三脚の組み合わせは最強に近いと思いました。

また、手ぶれ補正が強力なカメラであれば、手持ちでがんばるのも不可能ではないかも。

f:id:cafewriter:20140731131424j:plain

たとえばこれは今年の写真ではないのですが、シャッター速度4秒を手持ちで強引に止めて撮っています。 

最近のデジカメはいろいろ優秀で、花火モードなども搭載されていたりするので、それを使うと案外簡単に撮れるかもしれません。

とりあえずミニ三脚とコンポジット合成を使えば、いい感じの写真が撮れるんじゃないかと思いますよ。

 

※今回の装備は下記ラインナップです。